体臭、とりわけワキの臭い……。「発汗時のニオイで困っ

体臭、とりわけワキの臭い……。

「発汗時のニオイで困ってます」という人、結構多いのではないでしょうか?若干の発汗時にも「もしかして……」と不安になってしまうもの。

実際はそんなに体臭はきつくないのに苛む人も少なくないのです。でも、実際に周りの人に嫌がられていないのか、気づかれる程の異臭ではないかと、 匂いに不安を感じている人にとっては重たい課題ですよね。もし、陰部の悪臭に気づき気に病むようだったら、最初は自分の相方にアドバイスを求める事を勧めます。「私の体臭は気になる?」と。「気にならないよ。

君の臭い大好き!」と言われたら、 「私だってあなたの匂いが好きよ」と笑顔で返事をしましょう。二人で臭いを気にしすぎて セックスを控えるのは不幸せなことかもしれませんね。腋臭症は遺伝に起因することが多く、二親のうちどちらかがワキガなら5割、両方とも腋臭症を持っている場合は75%もの確率で子どもにも体質が受け継がれるとされます。もしくは、両腋ではなく片方だけというパターンもあります。一般論として、においとホルモンの関係性は強く思春期以降から強くなっていくようです。腋臭症の人は、性器の臭いや足のニオイなども同様に 気になる方が多いようです。

「ワキガ」と体臭は勘違いされることも少なくないですが、腋と体の汗、それぞれ臭いは異なります。

「脇の臭い=脇のにおい」という認識は間違っています。

わきガ臭の発生には、 その人の体質との関連性が強い為、 気がかりであればひとまず、 本当にわきガに罹っているのか問診を受けることを勧めます。

わきにある「アポクリン腺」という 汗腺の活動量が多いのが、腋臭症を持つの人の体質です。デリケートな部位のニオイについて心配を抱える女性が沢山いますが、ただし、いつも通りでない強い臭いのオリモノが出たり、赤みがかった色味を持つオリモノが出続けた時は、膣炎や性病をうつされているいることが可能性も考えられます。早急に病院で 調べてもらいましょう。生殖器から臭いがしない人はまずいないでしょう。

老若男女、どんな人でも 少なからず匂いがあります。 またにおいには 各々に各自で差がでるのが自然です。

それを、「クサイ」などと心ない言葉で 指示するような異性はそれは彼のほうが浅学です。 そのような偏った考えは 間違いだと言い切れます。現在、デリケートな部位のニオイの悩みで専門外来に駆け込む人が急増しています。医師が言うには、身体を重ねるときに彼に「くさい」と注意され暗い顔色で病院へ向かう若い女性が多いそうです。 身体の悩みを話題にした交流サイトのカキコミを閲覧すると、女性器の香りに関しての相談はよく見受けられます。においの要因には、汗・皮脂・垢、そしてバイ菌があります。

分泌された皮脂や汗は、分泌直後に臭いを感じることはありませんが、放置しておくと皮膚で菌が繁殖し、皮脂や脂に含まれる脂質やタンパク質、アミノ酸などの成分が酸化、分解されて、不快なニオイを発するようになるのです。あるいは、病気に起因する特徴的なニオイをもつ人もいます。いつも身体を清潔にしているのに、体臭が鼻につくような時は、病院へ行き、医師に相談するべきです。

よく見るスプレー型の制汗剤は殆どが、 アポクリン腺の汗を緩和させる効能が無いものです。ワキガ臭への処置には強力な除菌滅菌効果があり、身体に直接塗ることが出来るロールオンやスティック、クリームといった状態の製品を使うとより効果を感じられます。

肝心なのは無臭や無香性のものを選ぶことす。

制汗剤の香料がわき臭と混ざったとき、他人を不快にさせる臭いが思われることもあるからです。ワキガに罹っているならば日ごろから肌を綺麗に保つよう心がけ、雑菌を増やさないようにしましょうワキにニオイがこもったり、放出されたりすることを阻止するために、わき毛を処理するのも一つの手です。

肉類を制限した野菜中心の食事バランスにするもアポクリン腺の活性化を抑えます。また、リンゴの繊維質には離出分泌腺にあるアポタンパクという物質の増殖を防ぐ効果を持ち、匂いの発生を防ぐ役割を備えています。わきガの原因は、 汗と混ざったバイ菌です。

毎日欠かさずにわきの洗浄は行ってください。

朝に出かける前と、帰宅してお風呂に入るときに、体臭に効き目をもつ石鹸で洗うとますます効果がでます。

下着は発汗性・吸水性・乾燥性に特化したコットン素材のものを身につけましょう。

蒸れないように締め付けるような素材は使用しないほうが良いでしょう。デオドラント剤と上手につき合うコツは、 「一部のみに」「さっと」使用することを肝心です。

商品によりますが広範囲の汗腺を封じてしまう製品もあります。

ずっと広範囲を、塗ったまま放置しても無意味です。わきの臭いだけでなく、体臭の防止策には、なによりもまず「清潔」を保つことが重要です。分泌されたてのあせは無臭です。

あせの放置が原因で臭いが生じるのです。

アセは残さず全て拭き取るように注意しましょう。

タオルやハンカチは乾燥しているものよりなるべく硬く絞ったタオルを用意し拭き洗うのが一番良い臭い対策です。

香り付きローションや、レモン水などで湿らせたタオルを使えば、より気持ちが良いでしょう。